インプラント
Implant

インプラント治療とは

第二の永久歯ともよばれているインプラント治療

インプラント治療とは イメージ画像歯周病や虫歯などで歯を失ってしまった場合、従来では入れ歯やブリッジで補うことが一般的でした。しかし、これらの方法は噛みにくい、外れやすい、歯肉が痩せるなどさまざまなデメリットが生じます。それらの問題を改善したのがインプラント治療です。

自然な噛み心地・美しさがよみがえります。

しっかり噛めるよう、顎の骨に直接チタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込んでから、セラミックなどの人工歯を被せることでグラつきのない、自然な噛み心地が実現できます。見た目も美しいので、元々の自分の歯のような感覚で日常生活をお過ごしいただけます。

食事がおいしい!食べ物を選ぶことなく楽しめます。

インプラントは、「咬合力」も大幅に回復できます。咬合力とは、食物などを噛む力のこと。失った歯を治療した場合、義歯・入れ歯では回復する咬合力は約30%程ですが、インプラントでは約70~80%とされています。咬合力が回復されることで、毎日の食生活も充実します。

インプラント治療例

CASE1 奥歯へのインプラント治療

Before

CASE1 奥歯へのインプラント治療:Before奥歯2本を失ってしまった患者さまです。精密検査にて顎の骨が十分にあると診断できましたのでインプラント治療を行ないます。

CASE1 奥歯へのインプラント治療:Under






After

CASE1 奥歯へのインプラント治療:Afterインプラントを2本埋め入れました。2年半後の様子も良好な状態で、しっかり噛めると大変満足されています。

※治療結果は患者さまによって個人差があります。



CASE2
歯列矯正治療を併用したインプラント治療

CASE2 歯列矯正治療を併用したインプラント治療BeforeAfter

治療前の顔貌(がんぼう)の変化

CASE2 治療前の顔貌(がんぼう)の変化BeforeAfter

※治療結果は患者さまによって個人差があります。



CASE3 前歯部のインプラント治療

CASE3 前歯部のインプラント治療BeforeAfter

※治療結果は患者さまによって個人差があります。



CASE4 前歯部のインプラント治療

Before

CASE4 前歯部のインプラント治療:Before前歯1本を失ってしまった患者さまです。部分入れ歯やブリッジの治療方法もありますが特に目立つ部分ですので、見た目の良さと、末永く使用できる点を考え、インプラント治療を希望されました。

矢印

After 症例写真

CASE4 前歯部のインプラント治療:Afterインプラントを埋め入れました。天然歯と変わらない自然な歯で、患者さまの笑顔を取り戻すことができました。定期的なメンテナンスにお越しいただき、現在も状態は良好です。

※治療結果は患者さまによって個人差があります。

インプラントのメリット・デメリット
(ブリッジ・入れ歯・インプラント)の比較

ブリッジ

ブリッジ イメージ画像

対応できる
歯の本数
1本から数本
審美性 保険適用外の材料を選択することで、天然歯に近い見た目を再現できます。
治療期間 周囲の歯の状態によりますが、2ヵ月前後になります。(装着後は調整が必要です。)
メリット 固定式なので入れ歯に比べ、しっかり噛めます。
デメリット 健康な歯が周囲にあることが適用条件です。また、その両側の健康な歯を削らなければなりません。

入れ歯

入れ歯 イメージ画像

対応できる
歯の本数
1本からすべての歯
審美性 保険内・外診療によって入れ歯の材料が異なり、見た目や使用感に大きく差がでます。
治療期間 1ヵ月前後です。(装着後は調整が必要です。)
メリット すべての方へ安心して適用できる治療方法です。
デメリット 顎の骨が退化し、口元にシワが寄りやすくなります。固い物は噛みにくかったり、ガタついたりしやすいです。

インプラント

インプラント イメージ画像

対応できる
歯の本数
1本からすべての歯
審美性 セラミックを使用することで、天然歯と見分けがつかないほどの色調・ツヤを再現できます。変色もほぼありません。
治療期間 顎の骨の状態や埋め入れ本数などによりますが、4ヵ月から1年以上の治療期間が必要です。
メリット ブリッジ・入れ歯にはない、人工歯を支えるの支柱(インプラント)がありますので、安定した噛み心地です。
デメリット インプラントを顎の骨に埋め入れる手術が必要です。糖尿病や心臓病など全身疾患の方は、負担が大きいため治療ができない場合があります。

インプラント治療の流れ

カウンセリング・診査

まずは患者さまの歯のお悩みを詳しくお伺いし、インプラント治療の流れをご説明していきます。その後、お口の中の現状を把握するため、問診・レントゲン・CTスキャンによる骨量の診査などを行ないます。

治療計画

診査に基づき、詳細な治療計画を立てていきます。お口の中の状態、残っている歯周の状態や顎の骨の状態により、インプラントの術式を決定します。虫歯や歯周病などがあった場合はそちらの治療を優先してから治療を行ないます。

一次手術

インプラントを顎の骨に埋め入れます。外科手術となりますが局所麻酔をしますので、安心して手術に臨むことができます。

骨の治癒

手術翌日に消毒をします。その後は骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます(3~6ヵ月程度)。治癒期間は骨の状態によって個人差があります。

二次手術

再び歯肉を切開し、埋め入れてあるインプラントの頭部分を露出させます。そして、インプラントとの連結部分(アバットメント)と人工歯を装着します。噛み合わせなどの微調整を行ない、完了となります。

メンテナンス

インプラントは埋め入れたら完了といったわけではありません。その後のメンテナンスがとても重要となります。定期的に経過観察を行ない、歯のクリーニングを行ないましょう。

1日で噛めるインプラント治療
ALL-ON-4(オールオンフォー)とは

硬い物が噛めない方、入れ歯に違和感のある方へ。インプラントで入れ歯をしっかり固定できる、
画期的な治療方法です

ALL-ON-4(オールオンフォー) イメージ画像歯のまったくない方、またはほとんど歯の残っていない方に対する従来での選択肢は、「総入れ歯」や「歯の本数分のインプラント」を埋め入れするというものでした。経済的にも身体的にも負担が大きく、治療期間も長くなってしまいます。

そこでインプラントの埋め入れ本数を4本にし、バランスよく埋め入れることで12本の義歯をしっかりと固定するという「All-on-4」という治療方法が開発されました。インプラント手術を行なったその日に仮の歯を装着しますので、手術後すぐに噛むことができます。